2016年07月の記事一覧

誰の力も借りずにネットで稼ぎたい!そんな人のためのブログです。

  • netdekigyo1.jpg
  • netdekigyo2.jpg
  • netdekigyo3.jpg
  • netdekigyo3.jpg
  • netdekigyo4.jpg

月別アーカイブ:2016年07月

2016年07月の記事一覧。誰の力も借りずにネットで稼ぎたい!そんな人のためのブログです。

販売のため必要なこと
情報商材を販売する上で結構重要なのが販売価格です。販売価格をいくらにするのか?誰しも悩むところでしょう。販売方法も色々ありそれによって価格も変わってくるので一概には言えませんが今回はバックエンドをメインには考えずに、単体商品で売る場合に販売価格はいくらにするのがいいのか?ということを考えてみます。販売価格のつけかた物の値段というものは本来は販売者が決めるものではないのでは?というのが私の考えです。...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

情報商材 価格のつけ方 その具体例を見る

情報商材を販売する上で
結構重要なのが販売価格です。

販売価格をいくらにするのか?

誰しも悩むところでしょう。


販売方法も色々あり
それによって価格も変わってくるので
一概には言えませんが
今回はバックエンドをメインには
考えずに、単体商品で売る場合に
販売価格はいくらにするのがいいのか?
ということを考えてみます。



販売価格のつけかた


物の値段というものは
本来は販売者が決めるものでは
ないのでは?
というのが私の考えです。

なぜなら
それを買うのは販売者ではなく
購入者だからです。

高いか?安いか?は
購入者が決定します。

商品価値に見合うと思えば
高くても買うし
商品価値に見合わないと思えば
安くても買いません。


ですから
市場調査をするのが一番だと思います。
市場調査とは、販売価格を
A・B・Cと(この場合3種類)分けて
同一セールスレターにて販売してみるのです。


Aが一番高く
Cが一番安くした場合

A・B・Cのどの価格帯で一番売れるのか?
結果が出ます。

仮にAが一番売れたとします。
その場合、もっと高く設定して
さらにテストするのもいいでしょう。


情報商材は多くの場合
中身を見てから購入できません。
そのため
高額商品→いいもの
低額商品→悪い物
という一般的な観念が働きがちです。

結果
同一商品であっても
価格が1,000円よりも
9,800円の方が売れたりするのです。



具体的な例を見てみましょう。


同じ商材でも価格で購入率が変わる

※画像はクリックで拡大します。

これは
インフォトップで現在販売中の同商材3点です。
リセールライトの商品で
セールスレターも同じです。

つまり…
先に上げた価格市場調査の結果表と
言ってもいいでしょう。

お分かりですか?

販売時期は様々ですが
1つは9,800円
後の2つは2,980円で
販売しています。

一番売れているのは
いくらでしょうか?

シロウト考えでは
商品価格が安い方が購買障壁も低いので
売れやすい!と考えがちです。

しかし
それは、商品内容が予め購入者に
分かっている場合、と言えるでしょう。

実際に今回一番売れているのは
インフォトップの表でも明白で
一番高い9,800円の商品です。

9,800円の商材が一番売れている
EPCに至っては68もあります。
ダントツです。

このように
商材価格は安ければ売れると
早合点するのは間違いです。

商材を安売りすれば
利益率が下がるばかりか
売れ行きさえもごらんの有様です。

今回のリセールライトの商材は
最低販売価格が2,980円に
設定されています。

ですから
多くのインフォプレナーは
2,980円でしか売れないだろう…

こう思いがちなのです。

しかし実際は
その3倍以上の価格
9,800円で販売したものが
ダントツに売れてしまっています。



何回も言いますが
リセールライトについている
セールスレターを3人とも使用しているので
同じセールスレターでこの違いです。


あなたが情報商材を
販売する際にもこの価格戦略は
大変重要だと思われますので
ご参考になれば幸いです。
スポンサーサイト
 タグ
None
Copyright © ネットで起業!情報販売のすすめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。